探偵検索サーチング

探偵の浮気調査後の慰謝料請求に関する情報

探偵の浮気調査後の慰謝料請求に関する情報
探偵に浮気調査を依頼する人たちの中には、慰謝料請求を目的とした方も数多く存在します。そもそも、浮気に関する慰謝料請求とは、浮気の被害に遭った方が、精神的苦痛を受けたとして請求できる費用を徴収することを指します。

探偵に浮気調査を依頼しても、決定的な「不貞行為」と法的に認められなければ、慰謝料を請求することができません。不貞行為と認められる「証拠」が必要になると言うことです。

探偵が浮気調査で抑えた不貞行為の証拠というのは、肉体関係の有無が重要視されます。携帯のメールや電話で不貞行為を行う、行ったという内容だけでは、決定的な証拠にはならないので、慰謝料を請求することができません。ホテルなどの浮気現場に出入りしている写真や動画などが一般的に言う不貞行為の証拠と認められるのです。

探偵の浮気調査でも慰謝料を請求できない場合がある

探偵の浮気調査でも慰謝料を請求できない場合がある
探偵の浮気調査で慰謝料を請求できないケースもあります。慰謝料を請求するために必要な浮気や不倫の証拠として、たった一度の不貞行為では、離婚や慰謝料請求ができない場合があるのです。

探偵もその辺りはちゃんと把握していますが、浮気調査に取り掛かる前の話し合いの際に、離婚や慰謝料請求をしたいということをしっかりと伝えることが大事です。一般的に、離婚や慰謝料請求をするための浮気や不倫の証拠として、3回以上の不貞行為を立証できる証拠が必要と言われています。

探偵の浮気調査で慰謝料請求をしたい場合は、必ず動かぬ証拠を撮ってもらいましょう。二人だけの話し合いでいくら相手が浮気や不倫を認めていても、いざ裁判になったときに手のひらを返す人もいるので注意してください。

探偵の浮気調査で抑えた証拠の慰謝料金額

探偵の浮気調査で抑えた証拠の慰謝料金額
探偵の浮気調査で抑えた証拠を基に慰謝料を請求していくのですが、一体どのくらいの慰謝料が請求できるか知らない方も多いと思います。また、浮気相手からも慰謝料を請求することが可能です。慰謝料は、相手の収入、財産、結婚生活の期間、浮気相手との交際期間、不貞行為の回数、浮気相手の収入、精神的苦痛の度合いなどで算出されます。

慰謝料の請求額は、探偵に浮気調査をしてもらい、慰謝料を請求した方の統計では、平均300万円と言われています。これは決して大きな金額ではありません。なので、少しでも慰謝料を底上げするために、給与明細、預金通帳、生命保険、不動産の登記簿謄本、株券、高額な金品など、慰謝料額を決定づける証拠(コピーや写真)を予め集めておくことをおすすめします。

原一探偵事務所
全国の浮気調査に対応している原一探偵事務所
浮気調査
相談無料

浮気調査の依頼を相談無料から行う事が出来る、原一探偵事務所!!浮気調査の解決実績も非常に高く、多くの方に信頼されている探偵事務所です
無料問い合わせはコチラ0120-01-4764

探偵の情報やPR配信を行ってみませんか

情報配信・PR配信を行ってみませんか
探偵業者様、又は、浮気や探偵に関する新着情報を配信してみたい方は
お気軽にお問合せ下さい

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

 ニュース 企業PR 実績情報

 キャンペーン 地域別情報 調査データ公開

 面白記事の寄付 ニュース記事寄付

口コミ・レビュー・評価

サブコンテンツ