探偵検索サーチング

浮気はどこからが浮気なの?法律の視点から見る

浮気どこからトップ

浮気はどこからが浮気なのか。世間では浮気された場合、なにかしらの行為を直接もしくは間接的に目撃・察知し、相手に浮気をしたなと問い詰めることでしょう。この何かしらの行為とは、具体的にいいますと、恋人が知らない異性と手を繋いでいた・キスをしていた・寝泊りしていた・性交渉をしていた、などと様々にあります。ではみなさん、これらの行為は、どこからが浮気行為と認められているかご存知でしょうか?

浮気はどこからが浮気なのか。これは恋人関係にあたる相手に、浮気を問い詰める場合も、更には夫婦関係にあたる相手を、法的に追い詰める場合に到っても、重要な線引きとなります。いずれの場合にせよ、毅然と立ち回れるよう、浮気とはどこからが浮気なのかを紹介していきますので、確認していきましょう。

浮気はどこからか法的な視点で確認

浮気はどこからか法的な視点で確認。浮気はどこからが浮気行為だといえるのか、法律でも、きとんと定めてあります。では浮気行為として程度の軽いものから順に見ていきましょう。まずは他の異性と手を繋いだ場合。手を繋いででもいれば、かなり親密な関係があると傍からは見えるはず。しかしこれは法的に浮気行為だとは認められていません。これは驚くほどのことでもありませんね。手を繋ぐ行為はセーフだということです。

浮気どこからキス

浮気はどこからか。次は他の異性とキスをしていた場合。キスと言えば、かなりの男女の関係にでもならないとできなはしない行為。これを目撃してしまっては、誰しも浮気だ!と主張することだと思います。しかしこの行為にいたっても、法的には浮気行為とは認められてないのです。これには少々驚きを隠せない人もいることでしょう。そう、キスはセーフなのです。

浮気はどこからか。次は他の異性とお泊りをしていた場合。これが単純にお泊りをしただけ、何もなかったということが立証できるのであれば、これも浮気行為とは認められていません。ここまで説明してしまえば、気づいた方もおられるかもしれませんが、そうです。肉体関係があったかどうか。これが、浮気はどこからかの境界線となるわけです。

性交渉があったかが争点

浮気どこから性交渉

浮気はどこからか。これは現在関係を持っている相手以外の異性と、性交渉があったかどうかが具体的な線引きとなります。性交渉があったかどうかを立証できる最も有名な証拠と言えば、ホテルに入っていく・出てくる様子が伺える写真でしょう。これを抑えることができれば、相手に浮気行為があったと法的に認められることになります。

ただ相手に慰謝料を請求する裁判などの場合は、こういった浮気の証拠は、1つだけでなく、複数必要だといわれています。1夜の過ち程度では、あまり慰謝料裁判では有効な証拠として認められていません。具体的には3つは、性交渉があったことを証明する証拠が必要となるみたいです。

こういった確信的な証拠を、複数も用意するなんて芸当は素人には不可能。そんな時に活躍してくれるのが探偵です。探偵ならいともたやすくこういった確信的な証拠を収集してくれます。万が一慰謝料の請求を行なうような自体となった場合、探偵に相談してみるといいでしょう。

原一探偵事務所
全国の浮気調査に対応している原一探偵事務所
浮気調査
相談無料

浮気調査の依頼を相談無料から行う事が出来る、原一探偵事務所!!浮気調査の解決実績も非常に高く、多くの方に信頼されている探偵事務所です
無料問い合わせはコチラ0120-01-4764

探偵の情報やPR配信を行ってみませんか

情報配信・PR配信を行ってみませんか
探偵業者様、又は、浮気や探偵に関する新着情報を配信してみたい方は
お気軽にお問合せ下さい

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

 ニュース 企業PR 実績情報

 キャンペーン 地域別情報 調査データ公開

 面白記事の寄付 ニュース記事寄付

口コミ・レビュー・評価

サブコンテンツ